出会うべき人と出会う就職情報メディア

イケてる大人を量産!常にワクワク楽しんでいる状態でいよう!

経歴

初見 慎哉

NexusLink株式会社 代表取締役社長

神奈川県横浜市出身。中学卒業後、住み込みで働きながら大学入学資格検定を取得し、大学に進学。
在学中から様々な仕事に携わり、卒業後はベンチャー企業の立上げメンバーとして参加。経験の少ない社員への画期的な営業研修のシステムを構築する。その後退社し、人材育成や就職・転職支援を行う「NexusLink株式会社」を立ち上げ、今に至る。

事業内容

NexusLink株式会社の事業は多岐に渡ります。
新卒就職支援事業の「キャリツク」、中途転職支援事業、営業代行・支援事業、イベント・セミナー事業、新規事業開発、ビジネスマッチングを行っています。

幼少期からの思いを形に

──商売人の家庭に育った初見さんには、幼い頃から「自分も親と同じように商売の道を歩むのだろうな」という漠然とした確信があったそうです。そんな初見さんのキャリアは住み込みの現場仕事からスタートし、大学進学後も学生をやりながら知り合いのガス工事会社で働きつつ様々な仕事に携わっていきます。その後、勤めた会社での経験は、初見さんの現在の方針にも大きく影響しているそうです。

初見:以前勤めていた会社の事業が急拡大して、スタッフが全然足りない状況に追い込まれたことがあって。未経験でも良いからとにかく人数を集めて、短期間である程度の成果を出せるような研修を行ったんですよね。そしたら結構それが当たって。他の企業さんからも「うちの社員も育てて欲しい」なんてオーダーが来るようにもなったんですよ。経験値が高くない人材への研修、っていうのは元々僕のやりたかったことともマッチしていましたし、その時の経験は今にも大きく繋がっています。

「イケてる大人を量産したい」

──その後、NexusLink株式会社を立ち上げることになる初見さん。彼が取り組む全ての事柄の根底には「イケてる大人を量産したい」という理想があるといいます。NexusLink株式会社も、その実現を目指そうという決意から立ち上げたそうです。そこにはどういった思いが込められているのでしょうか。

初見:「イケてる大人」って、仕事も楽しくこなして、常にワクワクしている状態にあると思うんですよね。これまでお世話になってきた方々もそういった「イケてる大人」でしたし、もちろん僕自身もそうありたいと考えています。これから僕と関わっていくメンバーにもそうあって欲しいし、そういう人たちの世界が作りたいんです。

「イケてる大人」を目指す環境作り

──初見さんはNexusLink株式会社のメンバーが「イケてる大人」を目指せるよう、働きながらも自分で新しい事業に挑戦していけるような環境づくりを行っていこうと心掛けているそうです。一つの選択肢にこだわることなく、あえて様々な挑戦をしていく姿勢を大切にしていると言います。

初見:ずっと一つの企業に勤め続けることって、これからの時代は不可能なんですよね。だからこそ、うちのメンバーには挑戦的であって欲しいですし、NexusLinkはそれを歓迎するような会社にしたいと考えています。挑戦の結果、ある程度その先が見えてきたら子会社にしたり、売却したりっていう経験を経ることで、メンバーのスキルがどんどんレベルアップしていくことを期待していますね。

──また、現役の学生が「イケてる大人」を目指せるような機会を作っていきたいという思いから、在学中からもっと色々な形でビジネスにチャレンジできるようなフィールドを作っていく構想があるという初見さん。大学を卒業してそのまま企業へ就職する道で良いのか、4年間何もせずに大学生活を終わらせて良いのかといった迷いを抱える層にとって、新しい可能性を提示することになりそうです。

初見:事業のウエイトや売り上げ規模でいうとスロースタートにはなってしまうんですけどね。資金やナレッジや、スキルセットといったものを提供することで、リアルなビジネスにガンガン挑戦できる学生生活を提供したいなと思っています。

──初見さんが理想として掲げ、増やしていきたいという「イケてる大人」。それは具体的にどういった存在なのでしょうか。

初見:一番にまず「日々を楽しめている」こと。夢と希望に溢れていて、恐れることなく毎日ワクワク楽しんでいる。そういった状態の人です。仕事に関してももちろんそうですね。社会人にとって、皆が仕事にやりがいを持って楽しめている環境っていうのが、一番の喜びだと思うんです。うちで働いているメンバーにも、お付き合いがあるパートナー企業さんにも常にワクワクして欲しいし、一緒に楽しんで欲しいんです。そして、こちらからもそういうきっかけを与えられたらなと思っています。

──会社のメンバーに「日々楽しめている」状態であってもらう為、初見さんは彼らに「人に与えること」を大事にしてもらいたいと常々語っているそうです。

初見:お互い「人に与えること」に喜びを感じることが出来て、常に今の状況に感謝が出来る人になれたら、周りにも同じような仲間が集まってくるじゃないですか。だからその事は常に大事にして欲しいですし、自分自身もそういう人にならなくてはいけないなと思っていますね。

──「人に与えること」に喜びを感じることが、日々を楽しめる「イケてる大人」への道に繋がっていくと考えている初見さん。そう思うようになった背景には、自分がこれまで出会ってきた人から色々なものを与えてもらったり、助けてもらったりしてきたという実感があるといいます。中でも、以前お世話になっていた会社の社長から掛けられた、ある言葉はとても重く響くものだったといいます。

初見:僕は「こんなに給料をもらっていいのか?」と思っていたことがあって、社長に聞いてみたんです。そうしたら社長が「これから人の上に立っていくのなら、一つ覚えておけ」って前置きして、「能力には給料を払ってもいいけど、役職は人格者にしか与えるな」と言われたんですね。その上で「お前の人格からしたら、まだまだ今の給料も役職も足りてない」と。そういう言葉を貰えるってすごくありがたいことだし、そう言ってくれた人の思いには応えたくなるじゃないですか。だから自分も、誰かにそういう影響を与えられるようになりたいと思っています。

「イケてる」とは「生き方がカッコいい」かどうか

──これから社会に出てくる若い人たちが「イケてる大人」を目指すにはどうしたら良いのか伺うと、「やっぱりイケてる大人と一緒にいる事でしょうね。ワクワク楽しんでいる人と一緒にいたら自分もワクワク出来るし、楽しめる。」と教えてくれました。

初見:でも同じように、いつも苛立っている人といたら苛立つものなんですよ。そういうことはすごく意識した方が良いし……若いうちは特に、スキルを磨いたりするよりもそういったものを優先して、大事にして欲しいですね。

──また、初見さんは一緒にいるべき「イケてる大人」の選び方として、その人の学歴や勤め先といった肩書ではなく「その人の生き方がカッコいいかどうか」を基準に判断できると考えているそうです。さらに、「今は、表の肩書だけでは判断できない事が多いんです。」と初見さんは続けていいました。

初見:実際に深く関わってみると、名刺には一切書かれていなかったすごいことを実はやっていて驚かされたりする。だからその人とたくさん喋って、同じ空間でその人の波動を感じてみて、カッコよさを感じ取れるかどうかがポイントかなと思います。たまに同性が見ても惚れるような人っているじゃないですか。「この人カッコいいな。」っていう。そういう人は間違いないかもしれないですね。

──「イケてる大人」を増やすべく、常に挑戦し、常に周囲に何かを与えることを大切にしてきた初見さん。その背景には、今まで関わってきた多彩な環境で経た学びがあり、Nexus Link株式会社はその集大成ともいえる場となっていました。「イケてる大人」が世界にどんどん量産されてゆく日も、そう遠くないのかもしれません。

この記事を書いた人
SNSでフォローする