就活とシゴトに役立つ情報メディア

私はお金や地位のために働いていない。承認欲求を満たすために働いている。

篠塚 美沙

株式会社マニフェスト 営業マネージャー

会社概要

2008年に創業した株式会社マニフェストは「セールスを通して最大の顧客満足を提供する」をミッションとし、「エージェント」(営業代行、販売代理店)、「アウトソーシング」(人材派遣、業務委託)、「コストコントロール」(バックオフィス業務)、「アシスタント」(テレマーケティング)、「プロモーション」(イベント業務運営)、「インバウンド」(外資企業との提携業務、インバウンド向けサービス企画立案)を行っています。

「新卒」で「最速」で「女性初」マネージャー

―現在篠塚さんはマネージャー職として会社全体の人材の布陣の管理、収支の管理、対クライアントの企業窓口を行っていらっしゃいます。入社当初から人事に関わる仕事をなさっていました。またアライアンス(※企業同士の提携)の開拓、つまりパートナー企業を見つけて、人材派遣を行う業務で大きな成果を出しました。そうして最速のマネージャー昇進となりました。


HRtimes インタビュワー

伊藤

「最速のマネージャー昇進に至るまでの経緯をお聞きしたいです。」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「入社2年目に法人のテレアポの開拓がありましたが、お客様がクライアント開拓するにあたって、成果報酬型のテレアポ部隊を会社として作りたいというオーダーをいただいて、私が最初1人で立ち上げを行いました。そのお客様企業も元々人材が多い会社ではなく、少ない人員でやっていたので、そこに私のパートナーの人間を入れ、私がマネジメントをして、売り上げを出していました。 その時の私の売り上げが単日5~10万くらいだったんですけど、単純計算すると月10万×20日で200万くらいいくじゃないですか。わが社の平均は単日平均7万くらいかな。後、何もないところから売り上げを作るのは、うちではテレアポが主流だったので、そのお客様企業で電話をメインで使用したことも評価してもらいました。元々女性マネージャーがうちにいなかったんです。総務部長は女性でいるんですけど、立ち上げから在籍しているので、例外じゃないですか。「新卒」で「最速」で「女性初」マネージャーの3冠が欲しいがために必死で頑張ったという感じですかね(笑)」

タスク処理の速さへの自信


HRtimes インタビュワー

伊藤

「仕事の速さが評価されたんですか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「そうだと思います。上司からも言われているんですけど、私良い意味で感情がないのでタスク処理が速くて、後は全体を理解しているので次に何をすればいいのかが分かっているっていうのもあります。タスク処理能力は会社の中で誰よりも自信がありますね。」

HRtimes インタビュワー

伊藤

「タスク処理の速さは何で身についたと思いますか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「早く終わらせたい気持ちでしかないと思います(笑)。何か終われば次に何か来るっていう状態だったんですよね。だから自分のペースでやっていればいいというのがなかったんですよ。大体の企業さんや営業さんは皆さん自分のスピードで営業活動をしたり話を持って行ったりすると思うんですけど、当時はその選択肢がなく、あるもの全てをやらなきゃいけないっていう環境にずっといたので、自然と早く終わらせないとってなりますよね。上司のスピードに合わせていたので勝手に速くなっていきました。」

―当時は大変だったが、得られるものも多かったという篠塚さん。会社が仕事を充分課してくれたおかげで能動的になったそうです。当事者意識が強いのは元々のきっちりした性格もあるということです。

HRtimes インタビュワー

伊藤

「当事者意識や責任感を強く持つのは難しいかなと思います。性格面以外で何か経緯はありますか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「多分きっかけは何もないんですよ。私は高1から大学4年生まで留学していた期間は除いて、7年間アルバイトをしてました。時給800円からスタートして、7年間やっても100円しか時給が上がらなかったんですよ。普通ありえないじゃないですか。7年間やって100円ですよ。ただ時給800円~900円で月12~13万稼いでいたんですよ。これは親の教育の問題もあると思っています。高校を卒業してからは自分のお金は自分で稼ぎなさいっていう家庭だったんです。もちろん学校に関わるお金は出してくれたんですけど、例えば自分の携帯代は高校生の時から自分で払っていたんですね。そういう環境だったのでやらなきゃとか働かなきゃという気持ちがあって、そこで精神力が備わったんじゃないかなと思います。」



職場の環境の大切さ


HRtimes インタビュワー

伊藤

「なぜそのアルバイトを辞めなかったんですか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「熱いオーブンの傍で汗だらだらになりながらやっているんで、そこに対してもお金出してよと思うんですけど、そこは言っても仕方ないので。私が7年間そこで働いた理由は家から近いっていうのはあるんですけど、環境が良かったんですね。人が良くて。居心地が良かったので、お金が安くても辞められなかった。
今の会社も同じです。マニフェストは、給料はアルバイト時代みたいに安くはないですけど、居心地がいいからそりゃ辞めずにいるよねってことです。」

HRtimes インタビュワー

伊藤

「仕事を選ぶ1つの基準として環境や人を重視されているんですね。」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「そうですね。すごく重視しています。」

HRtimes インタビュワー

伊藤

「就職活動の際に人の部分まで見づらいところはあると思いますが、マニフェストさんに入社を決められた理由は何でしたか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「私、元々海外留学とかに行っていて、学生さんでいう、いわゆる海外志向という部類の学生に入ると思うんですけど、将来的にそういったところで働きたい、そういった場所に拠点があるところを選びたいっていうのがあったんですね。就活をやっていて一部上場している人材系の会社から内定をもらっていたんですよ。6月くらいに内定をもらっていて、内定が決まった後はひたすら遊んでいました。12月くらいに企業から呼び出されて、何かと思ったら辞令で名古屋に行ってくれと言われました。私が就活をやっていたときに譲れなかったのは関東圏、家から通える場所にあることでした。
当時、勤務地に「異動なし」って書いてあったんですよ。「書いてないじゃないですか」って言ったんですけど、何かと理由をつけられて、それで行きたくなくなって蹴ったんですよ。
断って次が決まっていない状態のまま、どうしようってなって。語学もやっていたし、勉強したいこともあったので、大学院も考えていたんですね。ですが、別に後2年残って何か変わるかっていうと何も変わらないなと思って、就活をもう1回やり始めました。5,6社を受けていて、そのうちの1社がマニフェストでした。渋谷の汚いところでパイプ椅子と机で、トイレの目の前で選考させられて、やばい会社に来たと思いました。その場所で面接受けたんですけど、事業内容には本当に興味がなくて。マニフェスト以外から他に3社内定をもらっていたんですが、マニフェストに決めたのは説明会のときからある上司がずっと気にかけてくれていたからです。
今考えれば舐めた行動しているなと思うんですけど、選考結果を待たずに旅行に行き、上司からのメールに返信していなかったので、私が辞退すると思われていたみたいです。そこで上司が最寄り駅まで来てくれて、そこでこの会社を信じていいなと思って決めたって感じですね。一つ伝説になっているんですけど。今のところ私以外に上司は最寄りまで行っていないので(笑)。心を動かさせたって思っているんですけど。」


HRtimes インタビュワー

伊藤

「仕事をする上で心掛けていることはありますか?」

マニフェスト 承認欲求

篠塚


「即レス、即対応ですかね。そこを評価してくれている顧客企業は多いです。後は誰でもできることを、誰でもできないレベルにちゃんと仕上げることです。例えば「これやっといて」って言ったときに、パッとできる人とできない人っていうのがいるんですよね。パッとできない人が悪いというよりはパッと出来る人の方が単純に優秀じゃないですか。そのパッとできる人になり続けたいなとは思っています。それは多分自分のためっていうより承認欲求ですね。これは私もよく社長と話すんですけど、多分私はお金や地位のために働いていないんですよ。自分のためだったら、言葉は悪いですけど、労働時間長くしたくないですし。何のためにやっているんだろうって思っちゃうので、せめて誰かが必要としてくれる存在でありたいなと思って、それでずっとやっている感じですね。」


認めてもらえる数を増やす


HRtimes インタビュワー

伊藤

「そんな篠塚さんの今後の展望や目標をお聞きしたいです。」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「よく学生さんからも聞かれるし、社員からも聞かれますね。逆にどうなりたいのって聞かれて、(将来何になるか選べるほど)選択肢って無くないですかという風に思っていて。私の考えで言えば会社が認めてくれれば、その会社にいる限りもらえるお金はあがるだろうと思っていて、だから会社が認めてくれる数を増やすしかないなって思っています。
今後、新たに色んな企業さんと共同でやっていく取り組みがあるんですけど、それの窓口は完全に私で、上司の補助も無い状態です。もちろん上司に質問すれば答えてくれるんですけど、基本的に「自分で考えてやってみな」という取り組みを今回走らせていまして。さらに大きな会社さんと取り組みができるようになるっていうのが一つ自分の展望になってくるかなという感じですね。後は、ビジネスパートナーをもっと作っていくっていうのが自分の今後の仕事になってくるのかなと思います。なので、今後の展望は正直無いです。別に未来の話したって出てこないじゃないですか。あります?目標は給料を上げていくことと、やれることを増やしていくっていうことです。個人的にはまだ自分の視野が狭いと思っているので、見えないものをもっと見えるようになりたいなと思っています。

成長できるかどうかは自分次第


HRtimes インタビュワー

伊藤

「展望というよりはどれだけ目の前のことをやりこんでいくかということですね。」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「成長できる環境っていうのは、環境のせいではなく自分がどれだけ動けるかっていうことで、そういう意味で言うと、うちは動ける環境はあります。動けるかどうかは自分次第ですよってことですね。」

HRtimes インタビュワー

伊藤

「最後に学生に向けたメッセージを頂きたいです。」

マニフェスト 承認欲求

篠塚

「企業選びをする上で「何をやるのか」にこだわるのではなくて「自分自身がどうありたいか」、「どんな人と働きたいのか」、また内定がゴールじゃなくて先がある中で、「その先について大人がどれだけ自分のために話してくれているか」が大事だと思います。」

HRtimes インタビュワー

伊藤

「ありがとうございました!」

この記事を書いた人
SNSでフォローする