出会うべき人と出会う就職情報メディア

長期インターンで得られるスキルは?就活で有利になる?

近年、学生の中で「長期インターン」の人気が高まっています。長期インターンは3ヶ月以上で有給のインターンを指します。学生のうちから社会経験を積むことで、就活にも有利になるということで人気があります。

では、長期インターンで得たスキルや能力は本当に就活で活きるのしょうか?本コラムではその実際を詳しく説明していきます。

長期インターンで得られるスキルは?

営業のインターンで得られるスキル

まず初めに、営業のインターンで身につけられるスキルをご紹介したいと思います。

長期インターンの求人の中で最も求人数が多いのが営業の職種です。学生のうちから営業経験を積んで、社会人になってすぐに活躍できるスキルを身に付けたいという学生も多くいます。

営業のインターンを経験して身につく主なスキルは以下の通りです。

  • ヒアリング力
  • 提案力
  • ビジネスマナー

営業をするには相手側のニーズをヒアリングして聞き出す力が必要になります。またそのニーズに対して適切なソリューションを提案する力も必要になってきます。そして、社会人相手に仕事をする上で最低限のビジネススキルも身につけることができます。

長期インターンで経験する営業の仕事は、社員として経験するものとほとんど同様の仕事内容です。社会人と同じ経験を積むことで、営業に必要なスキルが身につけられるでしょう。

事務のインターンで得られるスキル

次に、事務職のインターンで得られるスキルを紹介します。事務職の仕事は主に社内のサポート業務です。サポート内容としては採用アシスタント・営業アシスタントなど様々です。

事務職のインターンで身につけることができるスキルは主に以下の通りです。

  • 電話対応や来客対応
  • Office系ツールのスキル

事務系の仕事ではオフィスへの来電や来客への対応をします。また、営業の方などが使用する資料の作成を手伝ったりもするので、パワーポイントやエクセルのスキルも身につけることができます。

これらのスキルは社会人になっても必ず必要になる能力なので、大学生のうちに身につけることができていると他の大学生と差別化を図ることができるでしょう。

エンジニアのインターンで得られるスキル

次に、エンジニアのインターンで得られるスキルを紹介します。近年はエンジニア需要が高まっており、エンジニアの長期インターン募集が増えてきています。

エンジニアインターンで身につけることができるスキルは以下の通りです。

  • 開発力

エンジニアの仕事は、プログラミング言語を用いてシステムやアプリの開発をします。実際にエンジニアの人と共に仕事をするので、開発力を育てることができます。

ライターのインターンで得られるスキル

次に、ライターインターンで得られるスキルを紹介します。近年はWebメディアを運営している会社でのインターンも多く、ライターインターンのニーズはとても強くなっている傾向にあります。

ライターインターンで身につけることができるスキルは主に以下の通りです。

  • ライティング能力
  • 思考力

ライターの仕事は、文章を通して人にモノやサービスの良さを伝えることです。そのためにはどのような文章構成で、どのような文脈でライティングをしたら相手に伝わりやすいかを考える必要があります。

そのためライティングの表面的なスキルと同時に、伝え方などの思考力も鍛えることができるのがライターインターンのメリットです。

インターンのスキルは就活でも有利になる?

ではこれらのように、長期インターンで得たスキルは就活でも有利になるのでしょうか?間違いなく有利になります。

会社が学生を新卒で採用する際、その学生の強みは入社後に「再現性」があるかを見極めています。長期インターンでの仕事経験は、まさに実務経験です。

例えば就活の時に営業の職種で応募をしたとします。その面接の際に長期インターンでの営業経験を話せば、それは「再現性」に直結します。

中途面接と似ていて、「能力」とそれに伴う「実績」を武器に就活を進めることができるということです。そう考えると、長期インターンでの経験が就活に有利に生きることは間違い無いでしょう。

ですが、職種や業界が全く異なる際は必ずしも有利に働くとは言えません。そこの経験によるスキルや能力が、必ずしも別の業界や職種で生きるとは限らないからです。長期インターンでのスキルを武器に就活を戦いたいのであれば、そのスキルが求められる業界や職種を選択することが大切でしょう。

まとめ

長期インターンを経験することは、大いに就活に役立ちます。大学在学中に社会経験を積むことができる機会はなかなか無いので、うまく武器に戦うことができます。

長期インターンが気になっている方は、まずトライしてみましょう!

この記事を書いた人
SNSでフォローする