就活とシゴトに役立つ情報メディア

就活・インターンの逆質問対策!良い質問とNG質問をご紹介!

自分の志望する企業の本選考やインターンに参加する時に、面接は避けて通ることができません。面接においていかに面接官に好印象を残すかが勝負になってきます。今回のこのコラムでは本選考やインターンに参加するに当たって面接でよく聞かれる逆質問の良い質問例と悪い質問例を紹介します。

このコラムを読んであなたが実際に面接に参加した時に逆質問で面接官に良い評価をしてもらえれば幸いです。

就活・インターンをする上で避けて通れない”逆質問”!

そもそも逆質問とは、面接の最後にあなたが面接官に対して質問する機会のことを指します。

一見すると、逆質問は面接の付属感が強くあまり重要に感じられないでしょう。しかし、この逆質問も面接において評価基準に入っており合否を左右することもあり重要なのです。

面接官が逆質問を行う意図とは?

一体では、なぜ面接官はあなたに質問を要求するのでしょうか?理由は大きく2つあります。

1つ目は、あなたの会社に対する意欲及び仕事に関する興味を図りたい為です。質問の内容が浅いか深いかによって会社の知識を測ることができます。また、質問してきた内容から仕事に対して前向きかどうか、また仕事への興味も図れます。

2つ目はコミュニケーション能力を見たいということです。逆質問を通して、面接官と会話ができるかできないかで会話スキルが測れます。また、仕事をしていく上でコミュニケーション能力は必要です。その為、その能力を面接官は測りたいのです。以上の2つをもとにNG例と良い例をそれぞれ質問していきます。

これは厳禁!NGな逆質問

NGな逆質問①企業理念はなんですか?

この企業理念の質問がNGの理由は調べれば誰でもわかるからです。つまり、この企業理念を理解してない時点で、「あなたの会社を調べていません」と言っているのと同じです。面接官に会社に対しての志望意欲が低いと考えられ逆質問としてNGです。

NGな逆質問②勤務時間は何時間ですか?

この質問をすると面接官に仕事に対して消極的な人だという印象を与えてしまします。会社は採用する以上会社に対して功績を残してほしいと感じています。

勤務時間は何時間ですか?という質問をする学生が企業に対して大きな業績を残してくれると面接官は感じることはないです。その為、逆質問としてはNGです。

NGな逆質問③特に聞きたいことはないです。

質問をしないということは相手に対して興味がない及び相手との会話が苦手と面接官に捉えられてしまう可能性があります。その為、逆質問としては当然NGです。

お手本にしよう!良い逆質問集!

良い逆質問①入社までに習得した方が良いことなどありますか?

この質問からは仕事に対しての意欲が伝わります。先ほども説明しましたが、就職後に活躍してくれるような存在かどうかを伝えられるかが重要です。志望している会社で活躍するという意欲が伝わるような質問にしましょう。

良い逆質問②自分の長所は〜です。この長所は業務で生かすことは可能でしょうか?

この質問は自分の長所をアピールすることができるうえ、会社入社後にいかに自分が活躍できるのかを面接官に印象に残すことができます。逆質問においても自分の評価を上げることができる質問であり良い逆質問例です。

良い逆質問③今の会社に必要なことはなんですか?

今の会社に必要な人材がどのような人かを聞き出し、その人材に自分が適しているのかをアピールするのも良いです。

良い逆質問④内定後に御社で長期インターンを行うことは可能でしょうか?

この逆質問をすることで、面接官に実務を積んでみたいという意思が伝わり、良い印象を与えることができます。

まとめ

逆質問を面接のついでの様に感じている学生が非常に多いです。しかし、それはとてももったいないことです。逆質問を通して自分がいかに企業で活躍できる人間であるかをアピールできる機会でもあるのです。

その貴重な機会に質問をせずに終わらせ、また仕事に対してやる気がないと感じさせてしまう様な印象を与えてしまうのはとてももったいないです。是非今回のコラムを読んだあなたは逆質問を自分のアピールにつなげられる様になってください。

この記事を書いた人
SNSでフォローする