出会うべき人と出会う就職情報メディア

インターン生でも裁量権が大きいからこそ、責任を持って仕事をする。

私たちは現在、自社運営メディアサイトの編集ライターやエンジニアなどの募集を募っています。弊社の中には多くのインターン生がおりますが、今回は弊社で大活躍しているインターン生、西野真優さんを紹介します。この記事を読んで、一緒に働きたいと思われた方のご応募をお待ちしています!

―現在の業務内容を教えてください。

西野:【HR Times】という自社メディアサイトの運営・記事作成の業務と、【Growth Career】という就職情報サイトのシステム開発をエンジニアとして業務しています。

―HR Timesの作業内容を教えてください。

西野:以前はインタビュアーとして取材を行っていましたが、現在メインでやっているのはライティングの部分です。ライティングは自分の過去の経験の強みを活かすことが出来ていると感じるので、自分の性格に合っているかなと思います。

―インタビューをする時に気を付けていることは何ですか?

西野:インタビューに答えてくれる人は、事業内容を一生懸命説明してくれる傾向があるんですが、私たちが聞きたいのはその人の人生や価値観、考え方なんです。なので、それを掘り起こせるように工夫をしています。そのためには、「なぜなぜなぜ」を繰り返し、なぜそうしたのか、その行動の背景に何があったのか、というところを聞き出すとが大事だなと思っています。

―エンジニアの業務内容を教えてください。

西野:通常私たちが目にしている、画面部分のプログラミングを担当しています。プログラミングは独学なので、業務としての経験はもちろん、誰かと一緒に作業する経験も初めてでした。今は常に質問をして教えて頂いている状況なので、力になれるよう頑張っています。

―プログラミングに進もうと思った経緯を教えてください。

西野:もともとは大学・大学院で教育学を専攻していましたが、体調を崩して専門の道に進むことが出来なくなり、挫折を経験しました。そこで、全く別の道に進みたいと思い、偶然エンジニアの友達がいて、興味本位で始めてみたらすごく面白かったんです。自分の書いたコードが形になることに喜びを得たのがきっかけです。

―仕事において大切にしていることは何ですか?

西野:当たり前ですが、お金を頂いているので、仕事の成果をしっかりと出すことと、ベンチャー企業ならではですが、一人一人の裁量権が大きくて責任のある仕事を任せてもらっている分、インターン生だからということに甘えず、期待に応えられるよう業務をすることを心がけています。加えて、何か仕事を任命されたときは、自分の手がけるものは誰が利用して、どう工夫したら理解しやすいものになるか、ということを考えながら仕事をしています。

―仕事の中でやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

西野:先ほどと似てしまいますが、一人一人の裁量権が大きいところですね。昨年12月に入社したんですが、いきなり自社メディアサイトの作成を任せて頂きました。一から始めて、躓くことも多くありましたが、とても貴重な経験でした。

―ワールドリードで働く人はどんな人がいますか?

西野:褒め上手、モチベーションを上げるのがとても上手な人が多いと思います。分からないことがあっても、成長した部分を褒めてもらえると嬉しいですよね。あとはインターン生も多いですし、色んな働き方をしている人が多い印象です。性格的な部分では、積極的というか、自分から提案して動く人が多いと感じます。

―仕事に誠実に取り組まれている姿が印象的な西野さん。エンジニアとしても奮闘している姿がとても素敵です。これからも活躍を期待しています!

この記事を書いた人
SNSでフォローする