就活とシゴトに役立つ情報メディア

インターンの選考で落ちない面接対策!絶対に抑えておくべきポイント5選!

このコラムを読んでいる皆さんは、インターンに参加しようと既に決めているが、インターンの面接ってどんな感じなんだろうと不安になっている人も多いでしょう。そこでここではインターンの選好で落ちないような面接対策を解説します。

このコラムで重要なことを抑えて、面接に参加してみましょう。事前にある程度準備しておくことで、有利になります。

インターン面接でよく聞かれる質問

なぜインターンを始めようと思ったのですか?

まず定番の質問としてインターンを始めようと思った動機を聞くものがあります。会社が学生のモチベーションを知るためにする質問の中で、分かりやすくかつ効果的であるからです。

それは当然、動機がモチベーションに直結するものであるからです。「将来のため」や「就活のため」と漠然と答えるのではなく、インターンで得られる経験やスキルをどう将来や就活に活かしたいのか具体的に答えましょう。

なぜ弊社のインターンを応募したのですか?

先ほどの質問と並び、学生のモチベーションを測るものとして定番です。インターンを始める動機の次に気になることは、数あるインターンのうち、なぜうちのインターンなんだろうかということであるからです。

ここでも「コンサルタントになりたいと思っている」や「業種は決まっていないが、社会人としてどこに行っても役立つスキルが得られそうな営業をやってみたい」、「プログラムでロジカルシンキングが鍛えられそう」など具体的に答えましょう。応募した会社のインターンのどこが魅力的であったのかを説明することがポイントです。

大学で力を入れていることは何ですか?

会社はこの質問を通じて、学生の興味のあることや努力、解決までの思考プロセスなどを確認しようとしています。よって先ほどまではモチベーションを聞く質問であったのに対し、今回は学生の個性や能力を問う質問であります。

ここでは学問、アルバイト、サークルなどなんでもいいので、頑張ったことを素直に答えましょう。ただし会社側の目を引くように、話の構成を考えましょう。

例えばサークルについて話すにしても、発見した課題やそれをどう解決したか、思考プロセスが分かるようにしましょう。

「サークルを立ち上げることには成功したが、今後も続いていくサークルにするためには下級生を入れる必要があった。そのため新歓活動に力を入れたが、他のサークルと違いたくさん入れる必要がなかったので、入ってくれる可能性が高そうな人に絞って1人に対しての新歓説明の時間を長く取るようにしました」などと説明出来ると良いです。

ただこのエピソードはありきたりだと思うので、もちろんエピソードとしてはもっと濃いものが望ましいです。

あなたの長所・短所は何ですか?

これも学生の自己分析を問うことで、個性能力について問う質問です。またこの質問をすることで、思考する癖があるかも判断することが出来ます。なぜなら人間が人生で一番向き合っていくのは自分であり、従って思考の対象も自分であることが多くなるからです。

自己分析とはいっても自分だけで考えるということではなく、家族や友達の意見を参考にしながら自己分析を行ってみてください。それを回答しましょう。

インターン面接で抑えておくべきポイント

自分の魅力をふんだんに伝える

当然ですが面接は採りたいかどうかを決めるためのものですから、他の学生と比べ採りたいと思える魅力が重要なわけです。よって「自分は他の人に比べこういうところが優れている」ということを積極的にアピールしましょう。

それは別に能力に限らず、こういう仕事がしてみたいという思いや情熱でも構いません。そういった思いや情熱も人を動かす大事な要素なのです。

言語化できるようにしておく

面接では言いたいことがあっても、それがきちんと言語化出来て伝えられないと意味がありません。よって普段から考えていることを言語化する癖を身に付けましょう。

仕事においても自分の考えていることが発信出来ないと始まりませんから、ぜひとも言語化する能力は身に付けましょう。

面接に受かる人と受からない人の違いとは

質問に対する回答が具体的であるかどうか

質問のところでも少し触れましたが、回答は説得力が感じられるように回答は具体的にしましょう。

例えばインターンを始めたいと思った理由を問われたら、「成長したいと思った」と漠然と答えるのではなく、「ビジネスマナーを身に付けて仕事に活かしたいと思った」と具体的に答えるようにしましょう。実際はこれでもまだ具体的とは言えないので、もっと肉付けするようにしましょう。

主体性が感じられるか

インターンは勤務出来る日数が少ないので新卒の社員より主体性が求められることもあります。なぜなら短い時間の中で結果を出すには主体的であることが必要だからです。

大学で力を入れていることは何ですかなどの質問で、主体的に行動した経験を話しましょう。

インターン面接で気をつけるべきマナーとは

人として当然のことは守る

当たり前ですが、身だしなみや言葉遣い、遅刻しないようにするなど人として当然のことはしましょう。

インターンでは、時には社会人と同じ立場で仕事することもあります。人として当然のことが出来なければ、会社の評価を落とすことにもなりかねません。よって会社は入念にマナー面をチェックしていると言えるでしょう。

インターン面接での持ち物・服装

男性

スーツ指定ならスーツを着ていくのは当然ですが、私服指定や指定なしでも正装に近いものにしましょう。男性なら落ち着いた色のジャケットを身に付けるのが良いです。私服指定の方が自由度は高いです。

ただしTシャツやジーンズはやめておきましょう。

女性

男性と同様、スーツ指定ならスーツを着ていき、私服指定や指定なしなら正装に近いものにしましょう。

私服指定の方が自由度も高いのも同じです。また比較的男性よりも自由度が高いです。ただし露出が多い服や高めのヒールはやめておきましょう。

まとめ

インターン面接で抑えておくべき所をざっとまとめてみました。これを参考にインターン面接の準備をしてみましょう。

ある程度準備をしておくことで、採用してもらいやすくなるはずです。希望のインターンが出来るよう頑張ってください。長期インターンを探すのならぜひGrowth Careerで!

この記事を書いた人
SNSでフォローする